リビング学習で学力アップ

子どもの学力を考慮した住まい

2021.02.11

writer
岩田裕子

近年、リビングでの学習を取り入れている家庭は増加傾向にあり、朝日新聞が出版している「AERA with Kids」の調査結果では、小学生の親で「子どもがリビング・ダイニングで学習する」と答えた人が、全体の8割近くとなっています。またカリモク家具アンケート調査では、「子どもにリビング学習をさせたい」と思う親が、9割近くとなっていますが、なぜ今子どもにリビング学習させることが増えているでしょうか?その理由の1つとして、集中力を高めることで学力アップが期待できるからです。人は無音状態の部屋の中に一人でいると不安になってしまい、この状態で勉強をするのは子どもにとって、安心出来る環境でないため、集中力が上がりません。多少の雑音が集中力を生むというのはこのようなことが理由となっていて、子どもが安心して学習に取り組める環境には、リビング学習を取り入れる家庭が増えているのです。となっています。今回はそんな学習環境の標準になっているリビング学習のメリット・デメリットを踏まえて、実際に間取りレイアウトを紹介していきます。

朝日新聞「AERA with Kids」(2017春号)調査結果(https://publications.asahi.com/ecs/backnumber/14.shtml

カリモク家具アンケート調査(https://www.karimoku.co.jp/gakusyu/enquete01.html

子どもとのコミュニケーションが取りやすい

リビング学習は子どもの学力向上においてはとても有益で、最大のメリットは子どもが親の目の届く範囲にいることによって、勉強で困っている時なども子どもの顔色を見ながら家事をすることができるため、子どもも勉強でわからない所をすぐに聞くことができ、わからない所をそのまま放置するような学習方法になりにくいからです。また、コミュニケーションが自然に増え、親子関係でも会話が増えるといったメリットもあります。

やり方次第ではデメリットにも

リビングでの学習は、子どもの分からないことや、子どもの勉強をすぐにチェックできるメリットはありますが、その勉強を見守る距離が近いということがゆえに、子どもの回答が間違っている際や、子どもが解らない問題に直面した際に、親が勉強に口出しすることで子どもの勉強のやる気を損なう恐れもあります。親が度々子どもに口出しをし、「それ違うでしょ。ちゃんと問題読んだ?」「なんでそれが分からないの?」などと否定的な言葉をかけてしまうような環境だと、子どもは口出しされることにうんざりしてしまい、勉強のやる気を損なってしまいます。これでは、家づくりの際に考えて設計したリビング学習の空間でも、子どもは勉強しなくなり、使わなくなることとなるため、口出しする際には注意が必要です。親は子どもに対して、「そうするといいよ」「よく頑張ったね」などの肯定的な言葉を使うように心がけ、褒めるという気持ちで、子どもが楽しく勉強に取り組めるように環境を整えてあげる必要があります。

リビング学習ができる間取り・レイアウト

リビング学習で取り入れたい間取りやレイアウトをどのようにするかは、その家庭にあったものを取り入れる必要がありますが、多くの家庭では家を建てた後に子どもの勉強について考える場合が多く、スペースや間取りが既に決まっていることが多いため、スペースや間取りの都合上、学習机を用意せずダイニングテーブルで勉強させることが多いです。しかし、子どもにとってダイニングテーブルというのは、机の高さが高いため、椅子に座っても足が地面に付かず、集中力が高まる環境ではありません。学力を高めたいと考えるなら、家を建てる段階で子どもの勉強場所を想定しておき、確保しておくとスペースに困ることもなく、自由にレイアウトをすることが可能となります。

リビング学習でおすすめな間取りの例をいくつか紹介します

①カウンターテーブルを置く

LDKに子どもの高さにあったカウンターテーブルを置き、学習机として使用することで、子どもの集中力が高まり、子どもも自分のためのスペースという認識ができるため、勉強の意欲を向上させることができます。間取りのポイントとしては、ダイニングテーブルとの間が狭くならないようにスペースを確保し、余裕のある導線がしっかりと確保できているかどうかです。間取りに余裕がない場合、部屋が狭く見えてしまい快適なLDKを作ることができないため、おすすめできません。

②隣接したオープンスペースを活用する

LDKの隣にオープンスペースを配置することで、LDKにカウンターテーブルや学習机を置くことなく、広い空間を保つことができ、子供部屋としても利用することが可能です。間取りのポイントは、LDKとオープンスペースの間の引き戸で、子どもが勉強をする際は引き戸を開けておくことで、リビング学習と同じ効果が持てるのと、使っていない時は引き戸を閉めるだけで綺麗に見える所です。

まとめ

リビング学習の効果は、子どもの学力向上と、親子のコミュニケーションの増加にありますが、リビングの環境が整っていなければ、子どもは集中して勉強を行うことができません。これから家を作るという際には一度、リビングの間取りを子どもの学習目線からも考えてあげることで、将来子どもの学力に悩むことも減り、家族のコミュニケーションも増え、家族円満で生活できる家ができるため、是非参考にしみてください。

商品ラインナップ

ライフスタイルに合わせて
デザイン・好みの性能・仕様が選べます。
完全自由設計だからアレンジも可能です。

テキスト画像:商品ラインナップ一覧テキスト画像:商品ラインナップ一覧

商品ラインナップ

ライフスタイルに合わせて
デザイン・好みの性能・仕様が選べます。
完全自由設計だからアレンジも可能です。

テキスト画像:商品ラインナップ一覧テキスト画像:商品ラインナップ一覧
  • ワンプライスで家が建つこと
  • ワンプライスで家が建つこと
  • 理想の家づくりを実現
  • 間取りは完全自由設計
  • インテリアが暮らしを作る
  • 家事の時間をアイデアで短く
  • 自然素材の中で暮らすという選択
  • できるコトが広がる、ちょっと未来な暮らし方。

ONE PRICE,
FREE DESIGN

間取りは 完全自由設計

写真:おしゃれな寝室

IROHA.IEの最大の特徴は、
ワンプライスで家が建つこと。
ルール内であれば価格はそのまま

間取りは完全自由設計

建設に関する
専門の知識や間取りについて
わからないことは
プランナーやコーディネーターが
サポート致します。

お問い合わせ 
写真:リビングのローボードとローテーブル
写真:部屋のインテリア。ハンモックタイプの椅子や自転車、壁にかけたサーフボード
写真:おしゃれな玄関、向きを揃えてディスプレイされた靴
写真:ナチュラルテイストのキッチン
IROHA.IE
VR-town

IROHA.IE
VR-town

アイコン:VR
無料相談
を受ける
お役立ち
コラム