テレワーク環境に必要なスペースと、広く見せる工夫やコツ

テレワーク環境を考慮した住まい

2021.05.27

writer
岩田裕子

テレワークが推進されるようになりテレワークを取り入れている会社では、通勤時間が削減されたこともあり、プライベートの充実や家族とのコミュニケーションが増えることなどといった多くのメリットを感じることができて生活の自由度が高くなっています。

その反面、いざテレワークが始まってみると家の中に作業するスペースが取れないことや、整っていないことがほとんどです。スペースやレイアウトにも工夫をして在宅勤務しやすい環境を自分たちで整えていくことが必要となります。

今回はそんなテレワークスペースでの家づくりにおいての工夫や、スペースを広く見せるコツをみていきましょう。

テレワークスペースの狭さや、部屋の不足に悩んでいる

「子どもを見つつ仕事可能な環境(部屋・スペース)がない」「一人で集中をするスペースがない」ことを不満に感じているようで、55%の家庭ではリビングダイニングにあるテーブルで仕事をしているといった家庭も多いようです。変わった場所で言うと、「子ども部屋」「お風呂」「トイレ」などで オンライン会議を実施しているテレワーカーもいるようで、テレワークスペースに悩んでいる家庭がどれほど多いのかも理解できます。

テレワークができる最低限のスペースとは

机と椅子があれば最低限の作業は可能であるため、最低1畳あればテレワークの作業はできるのですが、狭いスペースに配置してしまうと窮屈に感じてしまいやすく、長時間いることができずに仕事の効率が下がってしまいます。そのため、2畳以上あればスペースにも余裕を持ってテレワークをすることができます。

また、テレワークを行う上で快適なスペースが必要となるのが、WEB会議などで使うカメラとの距離です。机やテーブルの位置を決めて、きちんと立ち座りした際にカメラに映る場所にあるのかといった細かい作業まで行えるスペースを確保しましょう。

家づくりでスペースを広く見せる工夫

テレワークスペースにおいての窓の役割はとても大切で、窓は外からの自然光を感じられることと、部屋を広く見せることの2つのメリットがあります。

例えば、窓が一つもない書斎などの1~2畳程のスペースでテレワークを行っている場合、窓がない部屋だと、狭い自然光を感じられない暗い部屋の中での仕事となるため、部屋自体が狭く感じやすいです。テレワークのスペースにおいては、窓を広く取ることで圧迫感を感じにくく、スペースの狭さを窮屈に感じることも軽減させることができます。

スペースを確保する工夫

部屋の一角の小さなスペースでも空いているのであれば、パーテーションウォールを導入することでテレワークスペースを確保することもできます。個室でないため音を遮ることはできませんが、3方向を覆ってあげることで作業に集中しやすいスペースを確保することもできます。

また、家の見せたくない箇所が見えてしまい、家族が映り込んでしまうといったことで作業ができないという方にも、パーテーションウォールを取り入れることで、今使っているテレワークスペースがより快適に仕事のしやすい空間となります。

スペースが確保できない場合

WEB会議ではカメラで背景が映り込んでしまうため、見せたくない所が見えてしまうことはテレワークにおいてストレスを感じやすい点だと思います。こういったスペースの狭さで悩んでいる方は、一番理想的なのは上記を解消することができる家に住み替えをすることですが、なかなか家を移るというのは時間もお金もかかるので難しいという方も多いと思います。そのような方でも、WEBカメラの背景画像を変えれば、自分の顔だけを相手に写し、普段行っているテレワークスペースを見せないようにすることもできます。

まとめ

テレワークが普及し、企業でも取り入れる所が多くなり一般的となってきましたが、今まで家で仕事をするという考えがなかった方にとっては、テレワークスペースの確保することは意外と大変で悩んでいる方も多いと思います。

今回紹介した家の中でのテレワークスペースの考え方や作り方を参考にして、家づくりや、今ある家の中のテレワークスペースをより快適にしていき、テレワークがはかどる環境にできるようにしていきましょう。

商品ラインナップ

ライフスタイルに合わせて
デザイン・好みの性能・仕様が選べます。
完全自由設計だからアレンジも可能です。

テキスト画像:商品ラインナップ一覧テキスト画像:商品ラインナップ一覧
  • ワンプライスで家が建つこと
  • 理想の家づくりを実現
  • 間取りは完全自由設計
  • インテリアが暮らしを作る
  • 家事の時間をアイデアで短く
  • 自然素材の中で暮らすという選択
  • できるコトが広がる、ちょっと未来な暮らし方。

ONE PRICE,
FREE DESIGN

間取りは 完全自由設計

写真:おしゃれな寝室

IROHA.IEの最大の特徴は、
ワンプライスで家が建つこと。
ルール内であれば価格はそのまま

間取りは完全自由設計

建設に関する
専門の知識や間取りについて
わからないことは
プランナーやコーディネーターが
サポート致します。

お問い合わせ 
写真:リビングのローボードとローテーブル
写真:部屋のインテリア。ハンモックタイプの椅子や自転車、壁にかけたサーフボード
写真:おしゃれな玄関、向きを揃えてディスプレイされた靴
写真:ナチュラルテイストのキッチン
IROHA.IE
VR-town

IROHA.IE
VR-town

アイコン:VR
無料相談
を受ける
お役立ち
コラム