家づくりでテレワークの利便性を高める必要なアイデア10選

2022.02.10

writer
河田渉

家づくりでテレワークの利便性を高める必要なアイデア10選

テレワークで在宅勤務をしていると、オフィスでの作業と比べた際に仕事をする環境が完璧に整っていないケースが多いため、作業効率が落ち仕事に影響が出ることやストレスに感じてしまう事があります。例えば、集中して作業をしていると必要な資料は座ったまま直ぐに手に取りたいものですが、ついつい資料をデスク上に積み上げてしまいやすく、いざ必要な資料を手に取りたい時に積み上げた資料の中から探すことになってしまい、効率が悪くなってしまいます。

このようにデスクが書類や機器で乱雑になってしまうことで、テレワーク環境の利便性が悪くなって作業効率が落ちてしまいやすくなるため、テレワークをしている人たちにとっては仕事の生産性に直接影響が出るため大きな課題の一つと言えますが、テレワークで利便性の高い家づくりをしていくためにはどのような工夫や考えを持って家づくりをしていく事が必要なのかを知っていきましょう。

テレワークで使用するデスク上で、どんな収納スペースが設けられるか考えておく

  1. 複数ディスプレイの場合は横幅を減らす

ディスプレイを複数使用する場合、ディスプレイの分だけデスクのスペースが取られてしまうため、デスク上のスペース自体が狭くなってしまいます。そのため、「縦型のディスプレイ」を使用することや、ディスプレイを上下に移動する事ができる「モニターアーム」を使用することで、スペースを有効に使えるようにしましょう。

  1. ディスプレイの下にスペースを作る

机上ラックを使用することで、ディスプレイのしたにキーボードやマウスを収納できるようにしておくことで、直ぐにノートや本を広げられるようなスペースを作っておく事で、見た目もすっきりとします。

  1. 電話などの機器も可動式にする

テレワーク中に固定電話に電話がかかってきた際に毎回取りに行く作業はとても効率が悪いですが、デスクの上に電話を置くのもデスク上のスペースを狭くしてしまいます。デスクに取り付けができる「テレフォンスタンド」を利用するようにすれば、電話を高い位置に設置する事ができるため、電話の下のスペースも有効に使う事ができます。

  1. 書類を広げるスペースを削減する

書類上のデータをパソコンに入力する場合、書類を机の上に広げて目線を下げて確認し、正面を向くという動作を毎回行う必要があるため、ストレスに感じやすいです。ディスプレイや壁などに取り付けられる「データホルダー」を使用する事で、目線の移動も短くなるため疲労軽減に繋がります。

テレワークの部屋で使用する配線ケーブルや機器をまとめるために必要なものを事前に知っておく

  1. 複数の機器の配線を一箇所にまとめる

利便性を高くするために必要なものとして挙げられるのが、可動性です。例えば、家でテレワークをしている場合、急な打ち合わせや外出によって、テレワーク部屋以外で仕事をすることが必要となるケースがあるかと思います。その際に直ぐにパソコンを持ち出せるように複数機器の配線をひとまとめ出来るように工夫をしておくことで、利便性を高め、テレワークでストレスを感じにくくすることができます。「ドッキングステーション」を利用することで、効率よく作業ができる工夫をしましょう。

  1. 電源タップをデスク天板に固定

テレワークをしていてよくある悩みの一つが「コンセントの位置」です。家づくりの段階からコンセントの位置をテーブルの高さに合わせて設計できると良いですが、テーブルの可動性が限られてしまうこともあるため、模様替えしづらくなってしまうこともあります。その際には「タップクランプ」を利用することで、デスク上に延長タップを固定して、机に座ったままコンセントの抜き差しができるような工夫をしていきましょう。

  1. ケーブルを結束バンドで整理する

テレワークではパソコンを使っての作業が多くなり、使用する端末も意外と多くケーブルが多くなりがちです。ケーブルが多くなると見た目もごちゃごちゃしてどれがどのケーブルなのかわかりづらくなりやすく、抜き差しする際に毎回ケーブルの接続元を辿って確認するなんて手間も。そのため、ケーブルが長い物はケーブルを一眼で判断できる「ファイバータグ」を利用することや、「ケーブルタイ」や「ケーブルフック」を利用し、ひとまとめにして見た目をすっきりさせることは利便性を高めるために必要なものの一つです。

テレワークで使用するデスク下などの空いたスペースを有効活用する収納方法を考えておく

デスクの下を有効活用することで、デスクの上がスッキリとして、スペースを広く使える事ができるため作業の利便性が高くなります。乱雑になりやすい配線などを隠すことを意識すると、見た目もスッキリとしやすいです。今回はデスク周りの3種類の収納方法を紹介しますが、自分の仕事での動きを一度確認して、どんな形だと使い勝手が良くなり、テレワークがしやすくなるのかよく考えてから、選ぶことで効率良くテレワークできるようにしていきましょう。

  1. パソコンのモニター裏に収納スペースを

パソコンディスプレイの裏の空いたスペースを利用し、端末などが置ける「収納ラック」を設置することで、空いたスペースを有効活用し、見た目をすっきりさせ、収納も簡単にできるようになります。

  1. バッグや電源タップをまとめられる収納を

配線収納ができ、かつ仕事で使用するカバンをおく事ができる「配線収納ワゴン」を使用すると、収納を一箇所にまとめることができるため、机の下などの空いたスペースを有効活用することができます。キャスター付きのものを選ぶとより取り出しも便利で利便性も高まります。

  1. 見苦しい配線をボックスやデスク背面に収納

ごちゃごちゃになりやすい配線を一箇所にまとめることができる「ケーブル&タップ収納ボックス」や「ケーブル配線トレー」を利用することで、空いたスペースを有効活用し、見た目もすっきりさせることができます。

参考記事:デスク周りを整理整頓して作業効率UP!|サンワサプライ株式会社

まとめ

家で仕事をする際には、オフィスでの作業と比較すると設備環境が整っていない事が多いため、利便性の悪さを感じてしまいやすく、それが仕事の生産性の低下にも影響することとなってしまいます。そのため、家づくりの段階からテレワークのしやすさを考えながらどのように部屋作りをしていくのかを考えていくことがとても大切です。これから家づくりをしていく方はもちろんですが、既に家を建てられている方も、参考にしてよりテレワークが快適に行えるような家にしていきましょう。

関連記事

商品ラインナップ

ライフスタイルに合わせて
デザイン・好みの性能・仕様が選べます。
完全自由設計だからアレンジも可能です。

テキスト画像:商品ラインナップ一覧テキスト画像:商品ラインナップ一覧
  • ワンプライスで家が建つこと
  • 理想の家づくりを実現
  • 間取りは完全自由設計
  • インテリアが暮らしを作る
  • 家事の時間をアイデアで短く
  • 自然素材の中で暮らすという選択
  • できるコトが広がる、ちょっと未来な暮らし方。
  • インテリアが暮らしを作る

ご相談・お問い合わせ

わかりやすいイラストや
図式がたくさん!
スマホでもみれる!
Webカタログを
ご覧になりたい方へ

無料で今すぐ見る! 

家づくりに関して
ご相談されたい方へ

無料相談会の予約 

プランや見積りを
ご依頼されたい方へ

無料プラン・見積り 

ONE PRICE,
FREE DESIGN

間取りは 完全自由設計

写真:おしゃれな寝室

IROHA.IEの最大の特徴は、
ワンプライスで家が建つこと。
ルール内であれば価格はそのまま

間取りは完全自由設計

建設に関する
専門の知識や間取りについて
わからないことは
プランナーやコーディネーターが
サポート致します。

お問い合わせ 
写真:リビングのローボードとローテーブル
写真:部屋のインテリア。ハンモックタイプの椅子や自転車、壁にかけたサーフボード
写真:おしゃれな玄関、向きを揃えてディスプレイされた靴
写真:ナチュラルテイストのキッチン
IROHA.IE
VR-town

IROHA.IE
VR-town

アイコン:VR
無料相談
を受ける
お役立ち
コラム
Web
カタログ